データプロジェクター

Data Projector

カシオのプロジェクターは山形で作られています。

環境に配慮した、とても使いやすいカシオのプロジェクター。
その心臓部は、水銀ランプを使わないレーザー&LEDハイブリッド光源。カシオが開発した最先端の技術です。

わずかな誤差も許さないこの技術を、山形カシオのものづくりで確実に製品化し、安定した品質で世界中にお届けします。

水銀ランプを使わない光を実現するために

レーザーの光を効率よく伝えるためには、精度の高い調整が必要です。

山形カシオは独自の専用ソフトウェアを開発し、感覚を数値化することでばらつきを抑えた高い品質を維持しています。

生産で使用する自動化設備は自社開発しています。設計部門と連携しながら工場提案型で効率向上、品質の安定、コストの削減を実現しています。

山形カシオの自動機開発チームは高精度の組み立て装置で、生産を支えています。

国内にて開発〜生産まで一貫しています。

製造技術チームは、3Dデータ活用し、開発部門と一体となった製品・生産改善活動を日々行なっています。

感性とテクノロジーの融合

製造部門は商品企画段階から参画し、工場のノウハウを盛り込んだ製品にしています。

複雑な組み立て作業は、人の手で行います。熟練の作業者が、正確で確実な仕事を行い Made In Japan 品質を生み出しています。

品質検査は感性のデジタル化を駆使し、独自のソフトウェアによる自動検査を行っています。
しかしそれだけではなく、人の目による検査も大切にしています。

お客様の立場になって感性も取り入れた検査を心がけています。

品質管理には、ビッグデータを活用した統計分析を行います。

データの裏付けで予防保全を行い、迅速に品質改善を行います。

水銀ゼロプロジェクターの良さを世界に。

世界では環境に配慮した製品が求められています。
2017年8月16日、水銀から人の健康及び環境を保護する国際条約「水俣条約」が発効されました。

私たちは信頼性の高いカシオの「水銀ゼロプロジェクター」をこれからも世界中に提供し続けます。