企業情報

Company Profile

ごあいさつ

新たな価値を創造し続ける

私たち山形カシオは、カシオグループ国内唯一の製造拠点として「創造 貢献」という共通の経営理念を掲げ、時計を代表とする高信頼性製造の追及によるMade in Japan品質の向上に常に努めております。

最先端の設備環境のもと、パーツの金型設計、製作、成形および華飾による加工処理から製品の組み立てに至るまで、先進のデジタルエンジニアリングとクラフトマンシップを融合した垂直統合型のものづくりでカシオブランドの生産を一貫して行う能力を有すると共に、これまで培われた生産技術力をもってカシオの海外生産拠点を統轄し、安定した新製品の立ち上げならびにコスト改革による最適QCD(品質、コスト、納期)を実行するマザー工場の役割をも担っております。

また山形カシオは、独自技術による商品開発も行っており、お客様に新たな価値を創造し続ける会社です。

今後もコンプライアンス(法令遵守)を重視した健全で質の高い企業経営を実行し、ステークホルダー(利害関係者)の満足を最大化すると共に、更なる社会の発展に貢献して参ります。

 

代表取締役社長 福士 卓

会社概要

社名山形カシオ株式会社
設立昭和54年10月
本社〒999-3701
山形県東根市大字東根甲5400-1
TEL 0237-43-5111 FAX 0237-43-2577
山形空港から車で10分
山形東根I.Cから車で10分
さくらんぼ東根駅から車で5分
山梨事業所〒405-0075
山梨県笛吹市一宮町東原911-3
TEL 0553-47-7525 FAX 0553-47-4167
一宮御坂I.Cから車で5分
石和温泉駅から車で15分
業種電子機器の設計・製造・販売
資本金15億円
株主カシオ計算機株式会社 100%
役員代表取締役社長  福士 卓
取締役      矢澤 篤志
取締役      河合 哲哉
取締役      篠田 豊可
監査役      井関 誠
取扱商品時計、プロジェクター、電卓、医療機器、ハンディターミナル、マリンスポーツ機器等
主要仕入先カシオ計算機株式会社,他 カシオ計算機関係各社
取引銀行山形銀行
決算3月(年1回)

沿革

1979年10月会社設立
1980年4月操業開始(電卓・時計生産)
1983年10月プラスチック成形・精密金型事業開始
1985年9月EMS事業外販開始
1986年7月FA事業販売開始
1991年12月通信事業開始
1992年6月TP賞(総合生産性優秀賞)受賞
1994年12月ISO9001認証取得
1996年4月モジュール事業開始
1997年11月ISO14001認証取得
2000年4月三光電機(株)を吸収合併
2002年10月
TPM優秀賞受賞
11月日経BP社、「2002Windowsデジタル・エンジニアリング・システム・アワード優秀賞」受賞
2003年2月デジタルカメラの生産開始
2004年10月金型工場増築
2005年6月
「環境保全推進賞 山形県知事賞」受賞
「(社)プラスチック成型加工学会 青木固 技術賞」受賞
10月「日経 ものづくり大賞」受賞
「TPM特別賞」受賞
2007年5月
「次世代育成支援認定マーク」取得
8月「ものづくり日本大賞優秀賞」受賞
2012年3月
山梨事業所設立
4月システム機器事業、コンシューマ事業開始
10月山形カシオタイ設立
2013年1月マリンシステム事業販売開始
12月「山形エクセレントデザイン2013イノベーションデザイン賞」受賞 "Logosease"
2014年4月
データプロジェクター生産開始
10月「グッドデザイン賞」受賞 "Logosease"
2015年1月
「JIDAデザインミュージアムセレクションVOL.16」選定 "Logosease"
11月「ものづくり日本大賞東北経済産業局長賞」受賞 "Logosease"
2018年4月
時計専用工場完成
12月「第二種医療機器製造販売業」許可
「医療機器製造業」登録
2019年4月
ダーモカメラ生産開始
5月「高度管理医療機器等販売業・貸与業」許可
2020年9月関数電卓生産開始