環境への取り組み

Environment

環境方針

基本理念

山形カシオ株式会社は、カシオグループとして「カシオ環境ビジョン2050」を尊重し、地球環境保全が人類共通かつ、事業活動の最重要課題の一つであることを認識し、環境に配慮した事業活動を積極的に推進します。

基本方針

  1. 山形カシオが行う事業活動が環境に与える影響を把握し、技術的、経済的に可能な範囲で、環境目標を定め、環境パフォーマンスを向上させるための環境マネジメントシステムの継続的な改善を推進します。
  2. 環境関連の法律、条例、協定等及び受け入れを決めたその他の要求事項を順守すると共に、汚染の予防を図ります。
  3. 事業活動を通じ、省エネルギー、省資源化を図ります。
  4. 事業活動による廃棄物の削減、リユース化、リサイクル化を推進し環境の保全を図ります。
  5. 生物多様性の保全を図ります。
  6. 環境教育や社内広報活動を通して、当社内で働く全ての人に環境方針の徹底を図ります。
  7. 環境方針は、利害関係者が入手可能なものとします。

改訂日:2019年 6月 1日
山形カシオ株式会社
代表取締役社長
福士 卓

環境活動

教育・啓発活動

環境保全活動を継続的に実施するためには、従業員一人一人の自覚と意識の高揚を図ることが重要不可欠であり、定期的及び随時の一般教育・準専門教育・専門教育を実施しております。
一般教育では、品質と合同でeラーニングを活用した教育を実施し、環境保全に関する基本理念、基本方針に従って行動出来るようにしております。
又、準専門教育・専門教育として、法的要求事項である有資格者育成のため、外部講習への派遣や補助を行っております。更に、省エネ等の環境保全に関する講習会にも積極的に参加し、省エネや環境汚染の未然防止に努めております。

地域社会との共生

地域社会への貢献の一環として、大森工業団地において、クリーンアップ・デイを設定し、団地周辺における環境美化活動を実施しております。

環境への取り組み
環境への取り組み

環境活動のあゆみ

 

1979年10月会社設立
1992年6月TP賞(総合生産性優秀賞)受賞
1997年11月ISO14001認証取得
2000年4月三光電気(株)を吸収合併
2002年10月TPM優秀賞受賞
2003年6月コジェネレーションシステム稼働
ゼロエミッション達成
2005年6月「山形県環境保全推進賞 県知事賞」受賞
10月「日経ものづくり大賞」受賞
「TPM特別賞」受賞
2006年10月コジェネレーションシステム廃止
2007年2月省エネ委員会設置
8月「ものづくり日本大賞 優秀賞」受賞
2011年3月社有車ハイブリッドカーの導入拡大
2012年3月山梨事業所設立
2014年8月「平成25年度冬の省エネ県民運動 優良事業所」表彰
2015年3月LED照明導入開始
2015年4月半田の鉛フリーを宣言
11月「ものづくり日本大賞 東北経済産業局長賞」受賞"Logosease"
2018年4月時計専用工場完成

環境サイトレポート

環境データ

カシオ計算機サイトの「サイト別データ>国内拠点」からご覧ください。

資材調達方針

山形カシオの資材調達方針は、カシオ計算機株式会社の「資材調達方針」に準拠します。