山形カシオ株式会社 CASIO
English サイトマップ お問い合わせ
HOME 企業情報 Company 事業情報 Enterprise 製品情報 Product 環境への取り組み Environment 採用情報 Recruit
HOME > ニュースリリース
ニュースリリース/News Release

ニュースリリース

ニュースリリース

2013年1月17日発表
2013年1月21日修正

水中で会話できる小型のダイブ・トランシーバー

一般的なダイビング機材で使えるシンプルな一体構造

Logoseaseイメージ画像
 
このたび山形カシオ株式会社(本社:山形県東根市、社長:磯崎雅樹)は、カシオ製品の製造で培った技術を生かし、スキューバダイビングで会話を楽しめる水中用の無線機(ダイブ・トランシーバー)『Logosease(ロゴシーズ)』を開発、1月18日より発売します。

Logosease』は、筆談や手信号でのコミュニケーションが一般的なダイビングで、音声を簡単に伝えられる無線機です。ポケットに収まる小型サイズの本体をダイバー同士がそれぞれ水中マスクに装着し、レギュレータを咥えたまま手軽に使えます。
世界のダイバー人口は約2,000万人、国内には約150万人の市場があるといわれています。年間を通じてダイビングを楽しむ上級者はもちろん、ダイビングスクールに通う初心者やリゾート地でダイビングを体験する観光客に向けて、海の中の発見や感動を会話で共有するという従来にはない新しい楽しみ方を広げてまいります。


主な特長

■ 一般的なダイビング機材で手軽に使える小型フォルム
本体は89.0×41.0×44.8mm・107gの小型・軽量サイズで、煩わしいケーブルや補完器具を必要としないシンプルな一体構造。水中マスクのストラップに装着し、レギュレータを咥えたまま使えます。潜水40mまでのレジャーダイビングに使える水深55mの防水性能を備えました。

■ 超音波と骨伝導技術を使ったワイヤレス通信
32KHzの超音波帯を使い、水中の有視界の範囲でワイヤレス通信が可能です。複数のダイバーがそれぞれ装着することで、多人数での会話も楽しめます。マイクとスピーカーには、骨伝導方式を採用、本体を軽く1回叩くことで受信と送信を切り替えられます。

■ 聞き取りやすい音質や音量にリアルタイムで補正
山形大学大学院理工学研究科 小坂哲夫教授の技術協力で、水中での不明瞭な音声から聞き取りやすい音声※へのデジタル処理を実現。スキューバダイビングでの呼吸音や排気音のノイズを低減するほか、高音を強調した聞き取りやすい音質と最適な音量にリアルタイムで補正します。
※水中での発音には個人差があり、すべて聞き取れるとは限りません

ブランド 機種名 メーカー希望小売価格 発売日 年間生産台数
Logosease LGS-RG004 59,800円(税込62,790円) 1月18日 10,000台

水中における通信の仕組み

カラーバリエーション

山形大学大学院理工学研究科 小坂哲夫教授
1986年、東北大学大学院工学研究科情報工学専攻修了。1997年、博士号取得。企業やマサチューセッツ工科大学の研究員などを歴任し、2002年に山形大学工学部助教授。2007年に同大学大学院准教授。昨年4月より現職。主に話し言葉の音声認識、雑音下の音声認識、音声による話者の認識、外国語発音の自動評定、音声情報検索など、音声情報処理分野を研究する。

山形カシオ株式会社
1979年、山形県東根市に設立。代表取締役社長 磯崎雅樹、資本金15億円。カシオグループの生産会社として、カシオ製品のほか、金型・プラスチック成形や電子機器の受託製造などの外販事業を展開。カシオ製品では、主に高機能時計を生産。ものづくりの核となる金型事業では、金型生産自動化システム「ハイネットモールド」を開発するなど、最先端の取り組みを行う。

【Logoseaseの主な仕様】

防水性能水深55m
通信部周波数超音波:32KHz、音声帯域:100Hz〜4KHz、SSB・USB方式
チャンネル1ch
アンテナセラミック圧電素子
通話距離水中における有視界の範囲(環境により変化)
音声補正水中の音声を聞き取りやすい音質・音量にデジタル処理
音響部マイク骨伝導マイク
スピーカーマグネチック型骨伝導スピーカー
定格入力:0.2W、最大入力:0.5W
無音状態でのノイズを軽減するスケルチ機能
操作部電源スイッチ水検出で自動ON/OFF、電源ON後は受信モードがデフォルト
送受信切替本体を1回タッピングして送受信を切替、加速度センサー内蔵
3秒の無音で送信モードから受信モードに自動切替
表示部フルカラーLED:1灯
送受信モード・充電状態・電池残量の表示
電源(内蔵)リチウムイオン充電池(560mAh)、USBクレードルで充電
充電時間500mAhで約2時間
連続使用時間(フル充電時)約3時間(内10%が送信状態、90%が受信状態の場合)
サイズ(高さ×幅×厚さ)89.0×41.0×44.8mm
質量107g
浮力 マイナス浮力 約25g
主な付属品充電スタンド、USBケーブル、ストラップ
※仕様は予告なく変更する場合があります。
※プレスリリースの内容は発表時のものです。商品の販売終了や組織変更等により、最新の情報と異なる場合がございますのでご了承ください。
『Logosease』は山形カシオ株式会社の商標です。



Logosease   『Logosease』スペシャルサイトはこちらからどうぞ。
公式facebookページ   公式facebookページはこちらからどうぞ。
公式Youtubeチャンネル   公式Youtubeチャンネルはこちらからどうぞ。




このページのTOPへ



カシオHOME カシオグループ 著作権・リンク プライバシー
ALL RIGHT RESERVED,COPYRIGHT (C) YAMAGATA CASIO CO.,LTD.