山形カシオ株式会社 CASIO
English サイトマップ お問い合わせ
HOME 企業情報 Company 事業情報 Enterprise 製品情報 Product 環境への取り組み Environment 採用情報 Recruit
HOME > ニュースリリース
ニュースリリース/News Release

ニュースリリース

ニュースリリース

2013年11月18日
ダイバー同士が水中で会話できる無線機

ダイブトランシーバー“Logosease”の普及モデル

バディと使える本体2台セットで発売

LGS-RG005BA
LGS-RG005BA
 
山形カシオ株式会社(本社:山形県東根市、社長:磯崎雅樹)は、水中で会話できる小型の無線機「Logosease(ロゴシーズ)」の新製品として、普及価格を実現した『LGS-RG005BA』を12月7日より発売します。
 
「Logosease」は、ダイビングで使用する一般的な水中マスクに装着し、レギュレータを咥えたまま水中で会話できるダイブトランシーバーとして、今年1月に初号機「LGS-RG004」(メーカー希望小売価格:税込62,790円/台)を発売。筆談や手信号といった従来のコミュニケーション方法や特殊な業務用機材とは異なり、レジャーダイビングで手軽に会話を楽しめる斬新な機器として注目を集めています。
 
『LGS-RG005BA』は、初号機で好評な小型・軽量の一体型フォルムはそのままに、通信チャンネルを一つに絞るなど機能・性能をシンプルにすることで普及価格を実現。レジャーダイビングを楽しむ、より幅広いダイバーに向けて展開します。また、ご購入後すぐにお使いいただけるように、一緒に潜るバディ用との2台を1セットにパッケージしました。
今後は、上級者用の「LGS-RG004」と併せてラインアップ化を図り、ダイビングにおける新しい用途の提案と水中での会話による楽しみを広げてまいります。

 


主な特長
最大水深42mまでの防水性能(LGS-RG004は最大水深55m)
小型・軽量の一体型フォルム(89.0×41.0×44.8mm/107g)
超音波・骨伝導技術を使った水中ワイヤレス通信
水中で最大100mまで通信可能(透明度の良い静かな海で対向した場合)
送受信モードを音声で切り替えるハンズフリー機能
バディと使える本体2台セット
 

なお、『LGS-RG005BA』の発売に先立ち、カシオのオンラインショップ「eカシオ」と全国9店舗を展開するダイビングショップ「mic21」にて、11月19日より販売予約を受け付けます。

ブランド 機種名 メーカー希望小売価格 発売日 年間生産台数
Logosease LGS-RG005BA
(2台セット)
76,000 円(税込79,800 円) 12月7日 10,000台
 
詳しい仕様はPDFファイルをご覧下さい。
※仕様は予告なく変更する場合があります。
※プレスリリースの内容は発表時のものです。商品の販売終了や組織変更等により、 最新の情報と異なる場合がございますのでご了承ください。
『Logosease』は山形カシオ株式会社の商標です。その他の会社名・商品名は、各社の 登録商標または商標です。


Logosease   『Logosease』スペシャルサイトはこちらからどうぞ。
公式facebookページ   公式facebookページはこちらからどうぞ。
公式Youtubeチャンネル   公式Youtubeチャンネルはこちらからどうぞ。




このページのTOPへ



カシオHOME カシオグループ 著作権・リンク プライバシー
ALL RIGHT RESERVED,COPYRIGHT (C) YAMAGATA CASIO CO.,LTD.